企業活動を効率的にITシステムを活用する方法

WAFの仕組み

WAFはアプリケーションとWEB間のセキュリティに特化していて、WEB上でアプリケーションを提供している場合には非常に効果を発揮します。通常のファイヤーウォールでは検知できなかった攻撃のブロックも可能です。

詳しくはこちら

アプライアンス価格

WAFを利用するにはクラウドサービスと物理的なアプライアンスを設置する2択の方法があり、アプライアンスを設置する場合は複数の検知方法が存在し、一般的には検知能力が非常に高いと言われています。そのため価格が高めです。

詳しくはこちら

対応可能な攻撃

WAFを利用すると巧妙でハイレベルな攻撃をブロックでき、様々な攻撃からブロックすることが出来ます。中でもSQLインジェクションは近年多くなってきている攻撃方法の1つで、高確率で防ぐ事が出来ます。

詳しくはこちら

会社でのセキュリティ

インターネットが利用できれば海外にいる人ともweb会議をすることが出来ます。企業にとっては効率化に繋がりますよ。

アプリケーションとつないで運用できるM2Mのシステムは、世界最大のプロパイダーとしても有名な企業ですよ。

情報社会が進み、データが全てになりつつある現在は日々パソコンを利用し、データの作成・収集が行なわれています。
これは個人レベルでも同様で、一家に一台から一人で数台の情報デバイスを使用する現代人は常に情報と共にあり、そのやり取りを行っています。
個人レベルですらこの現状なので、会社となると扱う情報量の桁が変わってきます。
情報といっても様々で、どうでもいいものから見られては困るような内容まで様々です。
会社ではこの差が激しく、社外閲覧厳禁な情報は多く、データが持つ重要性は常に高まりつつあります。

残念ながら人は直接この情報を扱うことは出来ません。コンピュータを利用し、間接的に操作します。
その一躍にかっているのがパソコンでしょう。
今やどの家庭でもあるパソコンは常にネットワークが組まれ、インターネットに接続しています。
重要なデータを扱うパソコンは、制限が一切ないと言ってもいいオープンな状況であるインターネットに接続しています。
インターネットは非常に便利なものですが、その半面大きなリスクがつきまといます。
その1つにウイルスが挙げられるでしょう。
このウイルスは常に攻撃の対象になりうるインターネット接続デバイスを探し、攻撃可能なら容赦なく攻撃を行ないます。
つまりインターネットに接続するということはその攻撃から身を守るセキュリティが十分である必要があります。
しかしながら今やインターネット接続なしで全てを行なうには無理があります。
セキュリティを高め、自衛する必要性はますます高くなっています。

会社においてはこのセキュリティ対策に常に投資し、万全な体制づくりをする必要性があります。
会社によっては総務にセキュリティ部門があるぐらいなので、その重要性は周知されていることでしょう。
最近になって非常に注目を浴びているWAF(ワフ)というセキュリティ法があります。
WAFは外部からの攻撃をシャットアウトするファイヤーウォールの一種で、WEBとアプリケーション間のトラフィックに特化しています。
これまでもセキュリティの1つとしてファイヤーウォールは一般的に使用されてきましたが、ネットワークレベルでの攻撃検知で、正常を装った攻撃に対応できないデメリットがありました。
WAFでは実際に処理を受け取るアプリケーションとWEB間のトラフィックを監視することで、正常を装っていた場合でも検知できる特徴があります。
比較的最近の新しいセキュリティで、注目されていますがまだまだ実運用にまで至るケースは少ないです。
出来ることなら総務は常に新しいセキュリティを知り、取り入れていきたいです。

ページのトップへ戻る